ロケコーディネーター・旅行ライターYUMIが旅・C型肝炎・断捨離について綴っています

執筆者プロフィール

海外ロケコーディネーター・旅行ライターのYUMIのブログへようこそ。

日本国内、香港・マカオを1年中飛び回って生活しています。せっかく日本各地、香港・マカオに行っているのだから、見たもの、感じたこと、聞いたこと、などなどを記録に残しておきたいと思い、ブログを書き始めました。

書き始めた当初、何を書いたらいいのかもわからず、自分の周りのことばかり、ぼそぼそとつぶやくように書いておりましたが、2018年4月に19年間闘ってきたC型肝炎の治療をするため、入院したことがきっかけで、ブログを書くことに目覚めました。

 

ちょっとだけ経歴&本ブログについて

年齢非公開。株式会社KIZUNAという会社を経営しています。基本的には東京在住ですが、最近は、名古屋、伊勢、香港、マカオと、どこに家があるのかわからなくなってきたので、「飛行機の中に住んでいます!」と言うようにしています。

大学を卒業後、テレビ番組の制作会社、広告代理店を経て、母とともに株式会社KIZUNAを起業。2000年2月に行った香港旅行で、なぜか「ここが私のアナザースカイ!」(笑)と思い始め、香港について様々なことを知りたいと、勉強をしました。あるとき、知人の香港在住日本人カメラマンさんから「現地に長年住む日本人より香港に詳しい」と言われ、背中を押され、調子に乗って「ロケコーディネーター」としての活動を始めました。

広告会社に勤務していたころに取得した総合旅行業務取扱管理者の資格を持っていたため、あれよあれよという間に、宣伝もしていないのに、自社ホームページのSEO戦略だけで、どんどん仕事を獲得するようになり、いつの間にかロケコーディネーターとして、たくさんのお仕事をさせていただきました。

おかげさまで仲間も増え、取引先も増え、いつも助けてくれる現地(香港、マカオ)のたくさんの企業の方々と仲間たちに恵まれ、なんとかロケコーディネーターとして生きております。

2019年6月から始まった、香港の民主化運動のデモは、私にとっても大きな大変革の出来事。当然のことながら、一気に香港の撮影ゼロ!となりました。しかしその分、ドキュメンタリーや報道のお仕事をいただくようになり、香港の歴史の1ページに触れ、学ぶという、人生でとても貴重な時間をいただくこととなりました。
私達ロケコーディネーターにしか感じられない、「香港の今!」を痛くなるほど肌で感じ、涙し、何度も心がえぐられるような苦しい気持ちを経験しました。

そして、改めて香港を好きになったのです。

マカオもたくさんの撮影のお仕事をいただいております。政府観光局の番組も担当させていただいたり、政府観光局の局長にもインタビューさせていただいたりと、きっと弊社のネットワークでしかできないであろう仕事をたくさん担当しております。港珠澳大橋ができ、香港からマカオがより行き来しやすくなりました。世界遺産とIR、中華テイストとヨーロピアンテイスト、新しいものと古いもの。そんな対比が見事にバランスよく共存しているのがマカオです。

世田谷区の半分の面積しかないマカオですが、まだまだ日本人が知らないマカオがいっぱいあります。マカオにパンダがいるとか、スピリチュアルスポットがたくさんあるとか、プロポーズに最適な場所がたくさんあるとか。。。グルメやカジノや世界遺産だけでない、たくさんの魅力のあるマカオ。

マカオで何度も仕事をしている間に、マカオも大好きになりました。

私達ロケコーディネーターしか知らない香港マカオを紹介しつつ、旅行好きの私が旅した日本国内についても紹介したい!

そんな思いで、ブログを書くことにいたしました。
旅に偏らず、思ったことも感じたことも素直に書いてゆきたいと思います。

アドセンスの広告は掲載しておりますが、これで食べていこうという思いはありません。自分が旅する時のお小遣い稼ぎになったらいいな、という風には考えています。(アドセンスは知識がないので、ある意味、実験です)

海外ドラマも好きですし、本を読むことも好き。食べることも好きですし、ミニマリストを目指しています。書きたいことはいろいろなので、テーマにあまりこだわらずに、雑食的に書いていくと思います。気が変わったら、また止めるかもしれませんし。本当に自分の心のままに存在するブログでありたいと思っています。

 

お仕事はいろいろさせていただきました。
いままでこんなテレビ番組・MV等を担当しました業務実績

実績だけ見ると、華やかそうに見えると思います。でも本当はとても地味な頭の痛い作業のオンパレードです。イライラしながら仕事をしてる時もあるし、もう、やめたい!と叫んでいるときもあります。

 

夢はあります。最近思うようになりました。
とにかく、国内をもっとよく知りたい。日本をいっぱい旅行して、日本の良いところも、遅れているところも、いろいろ知りたいと思っています。

 

YUMIはこんな人

名前 YUMI
職業 海外ロケコーディネーター・旅行ライター
株式会社KIZUNAのチーフコーディネーター
資格 旅行業務取扱管理者
スキルなど HTML, CSS, photoshop, Illustrator
趣味 歌うこと、海外ドラマを見ること、写真を撮ること、WEBコンテンツ制作、占い(四柱推命・易・風水)、歩くこと
特技 一度通った道は忘れない、リサーチ、旅行のプランニング
性格 正義感が強い、自分のことに関しては楽観的、典型的なB型&双子座、自分が大事に思う人に対しては、やたら心配性



ブログタイトルについて

ブログのタイトルをつけるのには、とても悩みました。はじめは【海外ロケコーディネーターYUMIのブログ】というタイトルにしようと思っていました。でも、無難すぎるなぁ、、、と。悩んでいました。

私は、名言集が大好きで、よく読みます。
ある時、ふっとネットで見た「There is always light behind the clouds.」(雲の向こうは、いつも青空)という言葉を思い出しました。ルイーザ・メイ・オルコットが書いた『若草物語』の中に出てくる一文です。

たとえ落ち込んだりしても、ネガティブなことが起こっても、雲の向こうには必ず明るい青空がある!少し歩けば、必ず青空がある!立ち止まらずに、前向きに歩いていこう!

そういう気持ちをブログのタイトルにしたいと、思ったのです。

自分へ言い聞かせる言葉として「いつも心に青空を」というタイトルにしました。
何かヒントや誰かが明るくなるようなことをブログに書いてゆきたい!青空を感じるようなブログを書きたい!そう思っています。

C型肝炎のこと

1999年10月、職場の健康診断にて、C型肝炎だとわかり、そこから19年間の病との戦いが始まりました。

 

▼感染の経緯

ジェノタイプは1b。
マヴィレット治療前は、HCV定量が平均6.6。

先天性の心臓病(心室中隔欠損症)のため、生後10か月に手術。その際の輸血で、当時は「非A型非B型」、つまりC型肝炎に感染。20代になって職場の健康診断で、HCV陽性の反応が出る。
慢性肝炎。ALT,ASTも正常値範囲内。ただ、総ビルビリンだけ正常値オーバー。

 

▼C型肝炎・マヴィレット治療をしてみて・・・

C型肝炎の治療が終わってみて思うことは、この過去3年間ぐらいの間、じわりじわりとC型肝炎が進行していたように思います。疲れやすい、肌が日焼けしたような状態、頻繁に起こる頭痛、肌の痒み、、、など。

マヴィレット治療の4日目ぐらいから体の軽さを感じ始め、ど~んと重力に引っ張られるような重たい感覚がなくなりました。その後、頭痛が起こらなくなり、肌が荒れていたのが化粧品を変えてもいないのにきれいになり、更には日焼けしたようになっていた腕が、白くなりました。

肝臓は、どんなに悪くなっても、声を上げません。叫びません。
だから、体は無理が効きます。

体がよき状態になって初めて、肝臓が頑張り続けていたんだとわかりました。

 

2018年6月18日(月)。
まずはマヴィレットの服用の期間を終えました。

2018年9月26日(水)
主治医より「完治」というお言葉をいただけました!

C型肝炎治療日記



最近はまっていること

  • WEBデザイン(HTMLタグを書くのが好き), WORDPRESS
  • facebook
  • 断捨離(ミニマリストを目指しています)
  • 国内旅行

 

もともと、WEBデザイナーであったこともあって、WEBデザインはとても好きです。
特別センスがあるとは思っていませんが、タグを書くのが好きです。
昨今は、Wordpressにはまっていて、オリジナルデザインでテーマを制作したり、カスタマイズしたり、楽しんでいます。

あと、facebookかな。友人たちとの交流はやっぱり楽しいです。
そして、ただいま、絶賛断捨離中!ミニマリストを目指しています。

旅行は昔から大好きで、旅を計画するときから、わくわくしています。旅行好きのパートナーと、日本国内のあらゆるところを一緒に旅するのが夢。







こちらもご覧ください