ベトナム料理の日。ふぉ~~





今日のランチは、ベトナム料理にしましたよ。
ベトナム料理の生春巻き、好きな人も多いと思いますが、私はフォーが好き。

今日は、牛肉のフォーをいただきました。

お店のスタッフの女性が、名札をみたら、日本名だったけど、なんとなく発音が・・・。
どうやら、旦那様が日本人で、二人でベトナム料理店をやっているみたい。

でも、発音はともかく、丁寧な日本流の接客ができるほどの言語力を感じると、ものすごく努力したんだろうな・・・と思って、ちょっと感動した。

日本人として、日本語を美しく丁寧に、正しく学んで、話してくださるのは、とてもうれしいし、むしろ今の日本人の方が、日本語力が不足していると感じます。

なにより、言葉だけで補えない、ハートの部分を感じるんですよね。
たとえ言葉がたどたどしくても、心がこもったサービスかどうかは、すぐにわかります。だから感動するし、うれしくなるし、また行きたくなります。

カタチじゃなくて、技術じゃなくて、ココロ。

言葉に胡坐をかかないで、ココロで接することができれば、どんな状況でも人をハッピーにすることができる気がするんですよね。

私が仕事で、ロケーションコーディネーターしているとき、一番大事にしているのは心。
心を伝えたくて、ハグもするし、感謝の気持ちを伝えたくて、いっぱい握手もする。

ありがとう、だけで伝わらない、
言葉に出来ないような感動の気持ちを
どうやって伝えたらいいのかを、いつも考えていると、
思いがけない奇跡とか、撮影に協力してくださっている人たちから、感動をいただいたりする。

言葉に胡坐をかいてはいけない。

日本にいても、香港・マカオにいても、いつも思うこと。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク