エッセイスト・旅行ライター・作詞家

肝炎のことをもっと知ろう!


知って肝炎プロジェクトをご存知ですか?

俳優の杉良太郎さんが肝炎総合対策推進国民運動 特別参与となって、厚生労働省が肝炎の検査を勧めています。
ここ5年で、肝炎治療は大きく変わりました。

飲み薬だけで治る時代です。

万が一、C型肝炎と診断されても、怖がる必要はなくなりました。
だから、思い当たることがなくても、一度は検査を受けてみてください。

いまや国民病。100人に1人が感染していると言われます。
自覚症状がないからこそ、気が付いたときには遅いのです。

厚生労働省は、こんなドラマも作っています。

C型肝炎を知らない方は、自分が思い当たることがないと、検査を受けません。
国民の半分は、肝炎検査を受けていません。
でも、「安心」という保険のために、一度は検査を受けていただきたいと思います。

意外と多いのが、出産のときです。
出産のとき、大量出血していると、フィブリノゲンを使用している可能性があります。

  1. 1992(平成4)年以前に輸血を受けた方
  2. 大きな手術を受けた方
  3. 血液凝固因子製剤を投与された方
  4. 長期に血液透析を受けている方
  5. 臓器移植を受けた方
  6. 薬物濫用者、入れ墨をしている方
  7. ボディピアスを施している方
  8. その他(過去に健康診断等で肝機能検査の異常を指摘されているにもかかわらず、その後肝炎の検査を実施していない方等)

上記に思い当たる方は、血液検査だけで簡単にわかりますから、検査を受けてくださいね。
住んでいる地域の保健所で受けられますから。

そして、C型肝炎が陽性と出ても、不安は必要ありません。今は、飲み薬だけで感知できる時代です。
先生の診断書さえあれば、治療費は国の助成で、月1万~2万円(所得による)で、受けられるんです。

お薬はとても高いのですが、ちゃんと治療ができるようになっています。
(とはいえ、私は保健所への申請で、いろいろありましたが・・・・(^_^;))

🌸役所で不安をあおられた話🔗

 



 

私のお薬生活もあと20日となりました!!

打ち合わせで食べた🌟帝国ホテル🌟のサンドイッチ

Please click

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


知って、肝炎-厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業-

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

***

🍄弊社の業務について🍄

Tokyo東京・Nagoya名古屋・Ise伊勢
&
香港・マカオでの撮影コーディネート承ります!

リサーチ、ロケハン、撮影交渉、車両手配、通訳アレンジ
モデル・俳優キャスティング、オーディションアレンジなど
撮影にかかわることはすべて、
トータルコーディネートいたします!

旅行のプロの証である
国家資格*旅行業務取扱管理者の資格保持者が
撮影コーディネートいたしますので
安心してお任せいただけます

詳しくは、こちら
(日本国内の撮影については、お問い合わせください)
株式会社KIZUNA

🍄弊社文化人タレント(占い師)のサイト🍄

的中の母燕京(えんきょう)香港

里公 不運滅絶占

  *

🍄弊社運営サイト🍄

ヘアメイク名鑑who'swho検索サイト

  ***

インスタグラムも
何となくやっています(◍ ´꒳` ◍)b

Instagram

***







 


この記事を書いた人
執筆家・エッセイスト・旅行ライター 旅行業務取扱管理者資格保有 プロフィールはコチラ お問い合わせはコチラ
SNSでフォローする

コメントを残す