マヴィレット治療8日目&外来


5月1日。マヴィレット 治療8日目です。
そして、退院後初の外来。

マヴィレット 治療を開始して8日目には、採血は決まっているので、混雑覚悟で病院に行きました。
GWだからか、覚悟をして出かけた割には空いていて、ちょっと拍子抜け。

さて、検査結果。

今のところ、良好です。

ほっとしました。
心配していたビルビリンは、上昇を止めたどころか、下がりました。
いつもの数値に落ち着いてくれました。

よかった~~~~☆☆☆

8日目になって、随分と体が楽になってきた気がします。

慢性肝炎の状態って、決して疲れないわけではないのですよ。
人によると思いますが、夜になると【ぐったり】ということは、割と頻繁にあります。

マヴィレット を飲み始めて4日目ぐらいから、体が軽く感じる瞬間が何度かありました。(体重は、残念ながら変わっていませ~ん)
8日目の今日は、朝から体の軽さを感じています。
とはいえ、いまは肝臓が一所懸命戦ってくれています。日によって体調も違うでしょうし、その分数値も違うと思います。

毎日、大事に生活をしてゆきたいと思った本日です。

 




 

C型肝炎には、さまざまなタイプがあります。ジェノタイプというのですが、C型肝炎ウィルスが持つ遺伝子の違いによって1a、1b、2a、2bなどに分かれているのだそうです。私は日本人に一番多い1b型で、C型肝炎だと分かった当時は、一番インターフェロン治療が有効ではないタイプでした。

日本では100人に1人~2人の割合で、C型慢性肝炎患者、あるいは本人も気が付いていないC型肝炎感染者がいると言われています。もはや国民病。だからこそ、C型肝炎の研究と薬の開発が進んだのかもしれないです。

マヴィレットはジェノタイプ1型、2型のC型肝炎ウイルス感染患者の治療に有効なお薬です。
このお薬に毎日感謝しています。

もともとの、インターフェロン治療だと、1年ぐらい仕事を休まないと治療ができなかったのです。それほどつらい治療で、起き上がれなくなる方もいらっしゃるほどだったと聞いています。

わたしもマヴィレットの治療を始めるまでは、そのイメージの方が強くて、7日目ぐらいまでは副作用ばかり気にしていました。
でも、今日の検査結果で確信しました。

私は治るんだ!って。

実はそのぐらい不安でいっぱいでした。
本当に長い間抱えてきた病ですから、本当にさようなら、できるのかどうか、不安で仕方がなかったんです。

でも、8日目の採血でこれだけ美しい数字が出ると、
あ、大丈夫なんだなって思えてくる。

少し心臓に負担をかける治療なので、無理はできません。
でも本当に普段と同じ体調どころか、普段より調子がいい気がするので、何でもできるような気持ちになってきます。

長い8週間なのかな、って不安だったけど、今日はもうそんな不安は飛びました!
ひたすら前向きな気持ちだけが湧いてきます。

外来の合間に食べたパスタ

株式会社KIZUNAでチーフコーディネーターとして働いております。
ロケ・取材コーディネート、キャスティングを担当しています。
旅行業務取扱管理者資格保有。

プロフィールはコチラ
お問い合わせはコチラ


コメントはまだありません

コメントを残す

┗C型肝炎
マビレット治療終了後、3週間が過ぎました(経過観察中)

マビレット治療が終了して、 3週間が過ぎました⏱ だんだん暑くなり、 猛暑となり、 お天気も不安定な様子ですが、 まったく体調に変化はありません。 一番の変化は、 お天気の変化による頭痛がなくなったこと! しかしながら、その頭痛が 慢性肝炎と関連があったのかどうか よくわかりません。 …

┗C型肝炎
c型肝炎マビレット治療終了後 2週間

C型肝炎の治療薬、マビレットの服用が終わって、 先日の月曜日で2週間が過ぎました。 あと10週間、再燃がなければ完治です。 マビレットを飲み終えた直後は、 突然に薬をやめることへの不安がありました マビレットで抑えられているのかな? と考えてしまうのです。 マビレットが終わった直後の検査で 「12週 …

┗C型肝炎
役所の窓口で不安をあおられた話

マビレットの治療をする前、住んでいる地域の保健所に行って、診断書と申請書の用紙をいただかなくてはいけません。 助成制度の申請をするためです。 治療が決まったとき、先生から、「先に保健所から、診断書の用紙をもらってきて」と言われました。 で、住んでいる地域の保健所へ。 適用になるかどうかは、月に1回の …

こちらも見てね!