ロケコーディネーター・旅行ライターYUMIが旅・C型肝炎・断捨離について綴っています

トラベラーズノートで準備バッチリ! 真冬の秋田編

*****

旅が大好き!I love travelling!
海外ロケコーディネーター&旅行ライターのYUMIです

こんにちは😀
本日もYUMIのブログを見ていただき
ありがとうございます🎉

*はじめまして!の方* 自己紹介

*****



2020年早々に、秋田県を旅行します。
今回は、秋田市から南下する形で、レンタカーの旅です。

こんな真冬に、豪雪地帯に行く!という旅のため、事前の計画は綿密に慎重にしないといけませんね。なにせ、私は東京生まれの東京育ち。仕事のために、ほんの少し名古屋に住み、香港とマカオと日本を往復の生活。雪とはほとんどご縁がありません。東京で数年に1度大雪だと騒ぐぐらいなものです。雪へのあこがれもありつつ、不安もありつつ、、、。

そこで、「トラベラーズノート」を作ってみることにしました。トラベラーズノートは、自分だけのガイドブックと計画・下準備のためのノートであり、旅の記録ノートでもあります。

  1. 旅の計画と事前リサーチノート
  2. 旅の記録ノート

の2冊を用意して、準備を始めます。



私はA5サイズのノートが好きです。一番書きやすいし、薄いものであれば軽いし。
一番便利に使っているノートは、無印良品のA5サイズノート。シンプルで、軽く、上下裏表、どちらからも使えるのが便利。

最近は、トラベラーズノートもたくさん販売されているようですが、私はあえて(予算の関係上(笑))、A5ノートで自作☆彡

今回は、旅の計画用は罫線の入っているものにして、旅の記録は、スタンプや入場券を貼る予定なので、無地のタイプにしました。

1冊80円とリーズナブル。&シンプルで書きやすい!!



YUMI
YUMI
今日は旅の準備について書くよ。

Step1 地図とガイドブックとにらめっこ

まず、秋田に行ったことがない私は、ガイドブックを購入しました。秋田のガイドブックって意外と少ない。そこにまず、驚きました。

購入したガイドブックはこれ


 
秋田と言えば、「角館」と思うほど、私は角館に憧れがあって、角館は絶対に行きたい!と思っていた場所。
旅行業務取扱管理者の試験勉強をしていた時、角館の写真に魅了されて、ずっとあこがれの地でした。しかし仕事柄、香港とマカオの出張が続くため、なかなか国内旅行には行けず。

「いつか角館に行きたい!」
そう思い始めてから10年の時間がたっていました。

だから今回の旅行では、絶対に角館に行きたい!冬の雪が積もる黒い壁の武家屋敷を見たい!と思い、角館を中心に作られているガイドブックを選択。

実は今回の旅行は、外国人の友人と一緒です。
前日に羽田に到着して、翌朝の国内線で秋田に行く予定です。
秋田空港から先は、二人とも未知の世界。しかも一人は、日本語がまったくわからない人。

完全に私は不安がいっぱいです。
でもこの不安を逆手にとって、しっかりとリサーチをすることで、何かよいアイディアや学びが得られるのではないかなと思って、綿密な計画を立てることにしました。

秋田=角館、のイメージしかなかった私は、計画を立てる、ホテルを予約するということだけでもひと苦労。

まずは1か月、ガイドブックとにらめっこしながら、旅行計画ノートに、地域ごとに行きたいところを全部書き出しました。

こんな感じ


 
途中、秋田の観光連盟から秋田観光に関する資料を一式送ってもらいました。


 
秋田に関しては、市販のガイドブックより、ネット情報や観光連盟の作っている冊子のほうが詳しい。初心者、初体験旅であれば、観光協会や観光連盟などの情報を頼ったほうが、安心なことがわかりました。

普段、海外でロケの仕事をしていると、自分の経験や周囲からの情報を頼ってしまいがちで、政府観光局の情報を信頼はしていても、頼ることは少なかったのですが、一番確実な情報を持っているのは、当然観光協会、観光局なのですよね。ここは少し反省です。



 

Step2 全体のスケジュールをざっくり決める

次のステップでは、全体のスケジュールを決めました。

今回、初の秋田、雪のシーズン、レンタカー旅。ということを考慮して、秋田市から南下することにしました。角館・田沢湖エリアから横手、湯沢と回って、由利経由で秋田空港へ戻ります。

今回の旅、実は11日間。
羽田2日、9日間秋田。というかなり贅沢な旅行です。しかし予算は二人で35万円まで。切り詰められるところは徹底的に切り詰める!ただし安全に。というとても重たいテーマがありました。

なので、まず、飛行機を早朝にする!早割にする!ということで2か月前から予約。
全日空ですが、朝早いフライトと、中途半端な時間の戻りにすることで、金額を抑えました。

今回一緒に旅をする友人は、LCCでアジアのあちこちを旅していますが、常に節約リーズナブル旅行。
何度か一緒に旅をしていて、節約リーズナブル旅行の楽しさを完全に覚えてしまった私は、計画の段階から、節約!で予約することがとっても楽しい。

今回の一番の問題は、レンタカーでした。11日間のレンタカーとなると、結構な金額になります。レンタカーの調査は一番時間がかかりました。

はじめは、100円レンタカーという会社でレンタカーを予約しました。ほかのレンタカーに比べると、かなりリーズナブルです。
100円レンタカーの特徴は、1時間という短時間でも借りられる、という点。ちょっとした荷物の運搬などに便利ですね。

しかし、スタッドレスタイヤ、4WD、ETC、カーナビ、保険とつけていくと、11日間で7万8千円ぐらい。
う~~ん。結構な金額だなぁ。ほんの数千円でも削りたい!

で、色々検索しているうちにfacebookで見つけた「たびらい」というサイト。
ここで見つけたレンタカーのプランが、たびらいのオリジナルプランらしく、ものすごくリーズナブルでした。なんと、100円レンタカーと比べて、7千円もお得になった!これはガソリン代が出るではないか!
しかも、ニッポンレンタカー!

 

飛行機もレンタカーも決まったので、あとはホテル
ホテルは事前決済のほうが確実に安いんですが、スケジュールが確定していない現段階で、事前決済は不安。
というわけで、現地決済ができるプランを大好きな楽天トラベルでセレクトしました。

楽天トラベルで貯めたポイントは、昨今デパートなどでも使えてしまうので、楽天で宿泊すればするほど、日常のお買い物が便利になる!と思い、私は大好きなサイトなんです。

今回のホテル選びのポイントは、「お食事込み」を優先することでした。朝食と夕食が付いたプランは、地方のホテルには非常に多いので助かります。

例えば、私のあこがれの地「角館」では、駅前のホテルで「朝夕付き」というかなりハードル高めの条件でしたが、楽トラであれば、らくらく探せちゃうわけです。

今回予約したのは、こちらのホテル

エクスペディアは海外出張の時にとてもお世話になっていますが、エクスペディアはあくまでも宿泊のみなので、食事つきなどを探すのが難しいのです。だから国内旅行の宿泊は、断然!楽トラがいいと思っています。(もちろんあくまでも個人的な感想ですが、、、)

次へ step3 スケジュール表の作成







こちらもご覧ください



SNSでフォローする

コメントを残す