仲間への思いやりと仕事の在り方


日本と香港&マカオのキャスティング&撮影コーディネーター、YUMIです

*****

会社経営は、利益追求が当たり前です。利益がなければ、社会貢献につながらないのですから。利益に対しての税金を支払うことで、国のあらゆるサービスに貢献していることになるはずです。

予算はそれとは違います。
ビジネスをするうえで、必要な資金だと考えています。自分だけでは成立しないビジネスを周囲のお力をお借りして達成させるために、資金はとても大事な要素。つまり、資金がなければ利益につながらず、社会貢献はできないということ。

私の生きている業界だけの話かもしれませんが、どうも「人」に対する価値(お金)の考え方が、ずれてきているような気がするのです。

放送局や制作会社からの支払いの遅さ、プロダクションのマネージメント料の割合の不明瞭さ、例えば1日12時間拘束で3千円でエキストラを働かせようとする制作会社の考え方。
結果として、出演者やエキストラに負荷が行くわけです。

いま、業界でも問題になっている、圧力や「タレント」という存在の在り方。ニュースを見聞きするたびに、「誰かが改革しなくては、日本の芸能、エンターテイメントの世界はだめになる」と思うのです。
タレントだけではなく、フリーランスのスタッフも多くいる世界ですから、根本から立て直さないといけないと思うのです。

大きなお金も動く業界です。だからこそ、もっとこの部分を大事にしなくてはいけない。
「人」というものに対する価値をもっと高く置かなくてはいけないと思うのです。

ディレクターやプロデューサーは偉いわけではありません。
一緒に仕事をする間は、みんな「一緒に良いものを作り上げよう」という気持ちでやっています。上下などないのです。みんな同じように意見の言える環境でなければいけないし、結果や結論だけを急げばいいというものではない。
とはいえ、日本の上下関係の見えない締め付けのようなものは、まだまだどこの世界にもありそうです。

そういう上下関係の空気感が強い中で、お金の話をするのは、難しいことです。言いにくいですから。
だからこそ、役職として上の立場の人間が、そこをごまかさずに言葉にして伝えていかなくてはいけないと思うし、そういう安心感を与えてあげることが、みんなが楽しく仕事ができることにつながっていくように思うのです。

「みんなが最高のパフォーマンスをするために必要なことは、仲間を取りまとめる人間が気づかいをすること」と教えてくれた先輩が、私が新人の頃はいたな~~とふと思いました。

個人的な考えですが、第一歩は、みんなファーストネームで呼び合うこと!をチーム内で推奨してみたらどうだろうと、思っています。
香港やマカオで仕事をしていると、ニックネームとかファーストネームで呼ばれるので、なんだか親しみが感じられるし、一気に距離が近くなっていく気がするんですね。
相手のことを尊重しつつ、そして尊敬しつつ、でもちゃんと親しみを感じるようにする、そういう環境づくりが大事だと思っています。

わが社は、日本人でも、英名ニックネームです。
そろそろ、日本語の名刺をやめてみようかな。

 

ここに書いたことは、表面上のこと。
予算の問題、「人」に対する価値観の問題は、もっと根深いところにあります。

少しずつ、このブログでも書いてゆきたいと思います。

 

クリックしてね!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

知って、肝炎-厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業-

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

 

弊社の業務について

ロケーションコーディネート

香港・マカオでの撮影コーディネート承ります!

リサーチ、ロケハン、撮影交渉、車両手配、通訳アレンジ、モデル・俳優キャスティング、オーディションアレンジなど。撮影にかかわることはすべて、トータルコーディネートいたします!

旅行のプロの証である日本の国家資格*旅行業務取扱管理者の資格保持者が撮影コーディネートいたしますので、安心してお任せいただけます。(日本国内の撮影については、お問い合わせください)

💡詳しくは、こちら株式会社KIZUNA

 

弊社文化人タレント(占い師)のサイト

的中の母燕京(えんきょう)香港   里公 不運滅絶占

 

弊社運営サイト

ヘアメイク名鑑who'swho検索サイト

*****

インスタグラムも何となくやっています🤩
Instagram

*****

ヤフオクもやってます🤩

 







 


コメントはまだありません

コメントを残す

┗C型肝炎
C型肝炎 マビレット治療後8か月が過ぎました

C型肝炎の治療のために、昨年4月末に入院して8週間の治療を終えてから、8か月が過ぎました。 完治という言葉を先生からいただいてから、5か月です。 先日、職場の健康診断があり、その結果が届きましたが、肝臓の数値もすこぶる良く、懸念していたビルビリンもずいぶんと落ち着きました。 入院する前に出ていた症状 …

┗思い
本音はどこにあるのか?

子供のころから、自分の本音と向き合うことを苦手としてきたから、いざ、本心と向き合わなくちゃいけないとなると、結構大変な作業になる。時間もかかるし、結果も出ない。 でも人生には何度もそんな瞬間があって、本音を無視すると、人生がうまくいかなく感じ始める。 多くのカウンセラーの本や哲学の本を読んで、総合的 …

┗思い
去年を思い出したら、自分の心が慣れきっているのを感じた

本日は、マビレット治療中の日記を読み返しておりました。 ついつい、忘れてしまう感謝の気持ち。 健康であるということは、当たり前の事じゃなく、C型肝炎ウィルスがいない生活は去年までの自分にとっては当たり前ではなかったんです。少なくとも昨年の4月下旬に入院するまでは、私にとっては普通ではないことでした。 …

こちらも見てね!