できないことは、やっぱりできない


日本と香港&マカオのキャスティング&撮影コーディネーター、YUMIです

*****

病気の治療を始めて、少し時間があったこともあって、自分を見直す時間が増えました。
更には、今迄の仕事のスタイルをすべて変えようとも思い始めました。

なぜなら、いつまでも同じスタイルでできる保証はないから。
自分がいつまでも動かなくてはいけない状況は、自らがそう希望して作り上げているものだから、老後のことを考えたら、今から他力を頼るってことをしてゆきたいと、自分と向き合った結果の結論。

今迄は、現場が好きで(今も現場は好きだけど)、前線に立ってやっていたいタイプだったけど、それでは後輩たちが育たない。
手取り足取りやってくれる人がいたら、いつまでもやらないものね。

人間にはちゃんと得意、不得意があって、オールマイティにできる人なんていない。
得意じゃないことを、無理にやる必要はない、そういうお年頃になっていると感じています。

今年から、いっぱい他力を頼ることにした。
それを得意な人に、生き生きとやってもらうほうがいいでしょ。
それって実は、私自身が、ちゃんとその人と向き合って、その人の個性とか特技とかを知るってことをしなくちゃいけないってことなんだなって思うんです。

そう感じ始めたころ、なんだかコンサル系のご相談が増えました。
今はお仕事としてご相談にお応じているわけじゃなく、自分の経験を伝える範囲の事しかしていないし、なによりいろいろな方々とランチしながら話すのが楽しいので、そんな気持ちでやっていますが、今迄15人ぐらいの方とお話をして、一番感じるのは、「他力を頼る」っていうことがなかなか難しいってこと。

思いやりのある人が日本の方は多いから、「自分が嫌なことは他の人も嫌だろう」って考えちゃう人がいらっしゃって、そうすると自分で抱え込んじゃう。だからなかなか他力を頼れない。

でもほかにもいろいろ理由がある気がして、ちょっと分析してみたのです。




金銭的な問題

このお金の問題が、一番大きな問題。
他力を借りようとするとき、自分の周囲にその才能がある人や専門家がいない場合は、やっぱり外注するしか方法がないでしょ。

そうすると、どうしても金銭的な問題が発生する。
それってやっぱりシビアな問題。

たとえ自分でできたとしても、主観を取り除くためにあえて他人の力を借りるっていう方法も有効だと思う。でも「お金かかっちゃうよね」っていう視点は一番初めに浮かんでくることだと思うのね。

経営という立場、自営という立場であれば、やっぱりそういう視点は必要かつ不可欠でしょ。
ただ、他力を借りないと発展しないということも多々あって、そういう意味で、「人脈は力なり」なんだろうな、、、と思うのです。

お金がすべてじゃないけれども、お金がないと何も始まらない!っていう人がいますが、それは確かにそう。

経営者であればあるほど、意味のある使い方を深く考えるようになるから、自分個人のお財布ですらシビアになる。いまどき、お金が潤沢にある会社は少ないけれども、意味のある使い方が何かをしっかりと考え抜く力が必要になっている時代だと思うのですね。

そうなると、経営者としては、予算を低く抑えてしまうから、何とか自社内で、あるいは個人事業なら自分でできないか、そうするべきだということになる。

でも、本当にそれでいいのかどうかはわからないから、いったんお金の視点って取り除く必要があると思うのです。

いや、わかっていても、経営していると、そういう視点はぬぐえないよなぁ、、、と思う日々。

自分の思いが熱くてまとめにくい

お話を伺うと、自分の思いが熱い!って方がとっても多いから、それはすごく素敵だなぁって思います。

反面、どうしても客観的な視点に欠けやすい。
自分がわかっていることを他人に分かりやすく解説するってすごく難しいと思うのね。聞く方が相手の言葉を引き出す能力があれば別だけど、そういう人が多いわけではないでしょ。

思いが熱すぎるときって、ビジネスになりにくいって感じることがあるんです。
その熱い思いの中に、時折、冷静さとか夢を語りながらリスクを考える強かさを持ち合わせている人って、成功しやすい。

その熱い思いの中に、リスクを考える力があるから、他力を積極的に借りようとするアイディアが湧き、「あ、この仕事だったら、あの人だな」という瞬間的なマッチングができるのかもしれません。




禁句なのはわかっている言葉を実は潜在的に考えている

ディスカッションってとっても大事なことでしょ。
ブレーンストーミングも、とっても大事なことでしょ。

その発想の中で、やってはいけないことって「どうせだめだよね」って心の中で思うことと「自分はこうじゃなきゃいけない」ってこだわりを持つことなんだと思っています。

ご相談をいただくとき、時折感じるのは、この2つを実は強く感じていて、ご本人は感じていなくて、八方ふさがりになっているということ。

相談だから、ディスカッションやブレストと違うけれども、「どうしてだめなのか」と聞くと理由がないことがあるんです。先入観とか経験とか、それが思考の邪魔をする。

私もそうだったから、わかることなのかも。
でも、この解決法は、実はすごく簡単だったの。

「これはできない」って思ったり「こうじゃなきゃいけない」って思った時に、何日かかってもいいから、その理由を自分の内側から探すんです。外的要因ではなくて、自分の中の要因を探す。

そうすると、単に自分の思い込みだったり、勇気のなさだったり、過去の経験からの発想であったり、否定されることへの恐怖であったり。

だから、理論的な分析ができないまま、自分で勝手な思い込みでNGを出していた!と、そういう結論が出るかもしれない。

そうしたら、「思い」じゃなくて「マーケット」としての理論分析を構築すればいいだけ。

そしたら、できないと思っていたことができるかもしれないでしょ。物事って表裏一体だから。

*****

成功する秘訣って、熱い思いの中に、自分に対する厳しさとリスクを常に考えてそれをいかにプラスに転じていくかという視点を常に忘れない冷静さを持つことなのかな、って思います。

だって、人も時代も常に同じではいられない。
いまOKであっても、明日NGになる可能性はいくらだってある。
その可能性にいつでも立ち向かえる思考の柔軟さを持ちたいなと思います。

だからこそ、他力を借りるってとっても大事なこと。
できないことは、やっぱりできない!
それは、自分を知らなくてはできないこと。自分を知るということは、自分にとってプラスのこと。自分ができないことは、他力にお願いする。

いろんなひとといっぱい出会って、大いに甘えたいなと思っております!

弊社の業務について

ロケーションコーディネート

東京・名古屋・伊勢 & 香港・マカオでの撮影コーディネート承ります!

リサーチ、ロケハン、撮影交渉、車両手配、通訳アレンジ、モデル・俳優キャスティング、オーディションアレンジなど。撮影にかかわることはすべて、トータルコーディネートいたします!

旅行のプロの証である日本の国家資格*旅行業務取扱管理者の資格保持者が撮影コーディネートいたしますので、安心してお任せいただけます。(日本国内の撮影については、お問い合わせください)

💡詳しくは、こちら株式会社KIZUNA

 

弊社文化人タレント(占い師)のサイト

的中の母燕京(えんきょう)香港   里公 不運滅絶占

 

弊社運営サイト

ヘアメイク名鑑who'swho検索サイト

*****

インスタグラムも何となくやっています🌟
Instagram

*****

 

クリックしてね!

 
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

知って、肝炎-厚生労働省 肝炎総合対策推進国民運動事業-

にほんブログ村 病気ブログ C型肝炎へ
にほんブログ村

 







 

株式会社KIZUNAでチーフコーディネーターとして働いております。
ロケ・取材コーディネート、キャスティングを担当しています。
旅行業務取扱管理者資格保有。

プロフィールはコチラ
お問い合わせはコチラ


コメントはまだありません

コメントを残す

┗C型肝炎
経過観察期間、あと7日!

もうすぐ、病気の経過観察期間が終わります。 あと7日です。 今のところ、体調が良い感覚だけ感じていて、マイナス要素は感じていません。 正直、再発したら、、、という不安もあります。 この夏はとても暑かったから、余計に感じたのかもしれません。 おかげさまでウィルスが再燃することはなく、来週の検査を終えれ …

◆仕事
できることは、思いっきりやる!

昨日、【できないことは他力を頼る】ということを書きました。 で、今日は逆。私ができることを書いてみようかな、、、と思います。 というのも、この年になって、ひょんなことから時間ができたものだから、私の特技とかスペシャルスキル!ってものを改めて見直してみて、自分らしさってことを追求できるようになってきた …

┗C型肝炎
マヴィレット治療終了後 8週目が終了!あと4週!!

マヴィレットの治療が終わって、先日の月曜日で2か月となりました。 あと1か月、再発がなければ、先生から「完治」って言っていただけることになります。 とはいえ、先月の検査結果で、ウィルスだけ検出されているかいないか、わかっていない状態なので、来週の検診は本気でドキドキします!! その日にわかってくれる …

こちらも見てね!